アクセス

都市生活において快適なのは当然のこと。そうした考えのもと、使いやすさやデザイン性にもこだわり、設備仕様を整えました。
また、安心ある都市生活を送っていただくためにセキュリティ機能の充実化をはかり、
オートロックシステムなどで不審者の侵入を防ぎ、プライバシーと安全性の確保をはかっています。
また安らぎが息づくプライベート空間を創造するために、遮音性や防音性、断熱性などに配慮。
さらに基礎構造の耐震性を高めるなど、住む人にやさしい住まいを追求しています。

AMENITY

使い勝手の良い
システムキッチン
料理が快適な2口ガスコンロ 爽やかな1日を実現する
洗面化粧台
浴室暖房換気乾燥機
使い勝手に配慮したシステムキッチン。混合水栓、レンジフードをビルトイン。すっきりとしたデザインです。 お湯を沸かしながらのお料理など、作業効率を高める2口ガスコンロを採用。
料理が快適になります。
1日をはじめ、1日を終わりにする場所。機能性とデザイン性を求めることで現代のニーズにお応えしています。 雨の日の洗濯にも役立つ浴室暖房換気乾燥機を標準装備しています。
耐震ラッチ 収納力のあるクローゼット 各戸にエアコン1台設置 ゆとりのバスルーム
キッチンには、万一の地震の際に、扉が開いて中の物が落下するのを防ぐ耐震ラッチ付の吊り戸棚を採用しました。 居室をより広く、すっきりとお使いいただくために、収納力豊富なクローゼットを採用しています。 各戸にエアコンを1台標準装備しております。快適に過ごせるように配慮しました。 トイレを別にし、ゆとりを大切にしました。浴槽と洗い場の繋ぎ目のない一体成形タイプなので、汚れにくく清潔です。
宅配ボックス 24時間低風量換気システム シックハウス症候群対策 自転車置場
不在時にも受取りができ、24時間いつでも取り出せるので、忙しい方にも便利です。 室内の空気を穏やかに循環させ続ける、24時間低風量換気システムを採用。空気をいつも新鮮に保ちます。 壁紙・造り付什器等の素材には、F☆☆☆☆以上の素材を使用しています。 敷地内に24台分の自転車置場を確保しました。
清潔で快適な洗浄機能付便座 T-1等級サッシ 遮音性の高いフローリング
洗浄機能付の便座を採用。お掃除がしやすく機能的。洗浄力は抜群です。(脱臭機能付) 全住戸の窓にはJIS規格による遮音等級T-1等級サッシを採用。外部からの音を軽減し、室内の防音効果を高めます。 遮音性が高く、静かな住環境を保つLL-40等級仕様のフローリングを採用しています。
※LL-40は床材単体の性能であって、実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。

SECURITY

モニター付ハンズフリー
インターホン&オートロックシステム
暮らしを見守る防犯カメラ 防犯性を高めるダブルロック
各住戸内のインターホンは、忙しい時にも手軽に通話ができるハンズフリータイプ。モニターで来訪者を確認してから通話するかどうかを選択したり、ロックを解除できるので、万一、不審者や不要なセールスが来訪しても玄関外でシャットアウトできます。 エレベーター内、エントランス、自転車置場等に防犯監視カメラを5台設置しました。 玄関ドアは、防犯性を高めるため、2ヶ所に鍵を設置するダブルロックを採用しました。
防犯窓付エレベーター ピッキング対策に有効な
PRシリンダーキー
エレベーター内の防犯対策として、エレベーターに防犯窓を設置しました。 ピッキングによる不正解錠防止に対応し、防犯性を高めるために、PRシリンダーキーを採用しています。

MULTIMEDIA

最大100Mbpsの高速インターネット 多彩な番組のBS・CS110゜兼用
アンテナ設置
24時間常時接続の高速インターネットサービスがご利用いただけます。 (BBM-NET)
※ご利用希望のお客様は別途お申込み、月額利用料が必要です。※速度は理論上の最高値であり、実効通信速度を保証するものではありません。
世界のニュースやスポーツなど多彩な番組を楽しめるBS・CS110゜兼用アンテナ設置。

STRUCTURE

耐震性の高い基礎構造 防音・振動した二重床構造 遮音性・断熱性を高める外壁・戸境壁
本物件では10本の基礎杭を地下約40mの砂礫層の支持地盤まで打ち込み、基礎耐震性を保持しています。 上下階住戸間の床スラブ厚は150mmを確保。生活騒音や振動が伝わりにくいように配慮してあり、居住者のプライバシーを守ります。 外気に接する外壁は厚さ150mm〜180mmを確保し、発泡ウレタン吹付により断熱性を高めます。また、住戸間の戸境壁は150mmを確保し遮音性・断熱性を高めています。

GUARANTEE

株式会社日本住宅保証検査機構による10年保証
●独自の技術基準を定め、専門の検査員による現場審査を行います。
●万が一、構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分に瑕疵があった場合、
補修費用2,000万円までを保険でカバー。
詳しくはこちら

▲ページのトップへ